うつ病体験談

ストレスだけが原因じゃない?私がうつ病になるまで。

実は、私はうつ病です。

今まで公表する勇気がなくて…
でも決めたことが続けられなかったり、生活に支障が出るときもあるので公表することにしました。

今回は、ちょっとネガティブモードな内容になってしまいます。
でも『うつ病』はストレスだけが原因ではないことをお伝えしたくて、書いてみることにしました。

うつ病になった原因

『うつ病』って聞くと、あなたはどんな印象を受けますか?

  • そんなにストレスがあったの?
  • 悩んでたの?
  • それって怠けたいだけなんじゃないの?

私は、こんな印象を持たれるのが嫌で隠していました。

私がうつ病になった原因は、ストレスだけではありません。

うつ病になる前、私はすごくポジティブで誰とでも話せる社交的な人間でした。
もちろん友達もいて、SNSも楽しんでいました。

そんなある日、私は洗濯物を持っていて階段の一番上から落ちてしまったんです。
住み慣れた家で、油断していたのかもしれませんね。

ここから、私のうつ病へのカウントダウンが始まっていきました。

階段を落ちてから…

階段を落ちてけがをしていたら、きっと病院に行きました。

でも運が良かったのか、打ち身だけで自力で起き上がることもできました。
その日は子どもを連れて遊びに行く約束をしていたので、階段から落ちた1時間後くらいには家を出発しました。
もちろん、私の運転で。

今となっては、あのとき病院に行くほどのけがをしていたら…
と思うこともあります。

階段から落ちた日は、こんなふうに何事もなかったように活発に動いていました。
でも、うつ病へのカウントダウンは着実に始まっていたんです。

異変を感じ始めた時期

階段から落ちて2か月くらい経ったある日、私は肩こりにとても悩まされていました。

今まで肩こりをそんなに感じたことはなかったのに、肩と首がとても張っていて固くなっていました。
首は寝違えたときのように、動かすと痛みもありました。

「ただの肩こり!」そう自分に言い聞かせて、それからも何事もなかったように過ごしました。
これがむちうちの症状なんて知らずに。

階段から落ちた時、しりもちをついたようにして落ちていました。
『そのときにむちうちになったのだろう』と病院の医師に言われました。
それは、階段から落ちて1年後のことでした。

うつ病の症状~私の場合~

うつ病と言っても、私の場合は最初からうつ病だったわけではありません。

階段から落ちてむちうちに
    ↓
肩こりが悪化して自律神経失調症に
    ↓
自律神経失調が悪化してうつ病に

うつ病と診断される前に、自律神経失調症の症状が出ていました。

  • めまい
  • 吐き気
  • 耳鳴り
  • 頭痛
  • 味覚障害
  • 不眠  …

ほかにもたくさんの症状がありました。

この時点では、私はまだ病院に行きませんでした。
こんなに体調が悪いのに、なんで病院に行かないのか不思議ですよね?

この時点では、「ただの自律神経失調症だし大丈夫!」って思っていたんです。

生活に支障はあったけど、どうにか家事もこなせるレベル。
まだまだ頑張れる!

そう思って、毎日を過ごしていました。

自律神経失調症だと思ったのは、たくさんネットで調べたから。
不安から、ずーっとスマホを見ていました。

自律神経失調症ってどんな病気?私の症状とうつ病との関係。あなたは、『自律神経失調症』って聞いたことはありませんか? 症状が決まっていなくて、人によって出る症状はさまざま。 私も自律神経失調...

病院に行った時期

自律神経失調症の症状が出始めて5か月。

階段から落ちた日から1年近く経ったある日、ついに私は動けなくなってしまいました。

歩くことができないんです。
立てば、めまいとひどい耳鳴り。
横になっていても、まるで震度3くらいの地震が起き続けているかのような感覚。

このころになると、さすがに夫も異変を感じたみたいでした。
でも、病院に行ったのは私だけ。

看護師さんには、『よく自分で運転できたね!』とびっくりされるほどでした。

ついにうつ病の診断が…

病院に行ってから気が緩んだのか、だんだんと精神面の症状が出てくるようになります。

  • 包丁やはさみなどの刃物を持てばリストカット未遂
  • 薬を見つければ過剰摂取

自分の手で首を絞めたこともありました。
意識がなくなる瞬間でも、苦しいとか痛いとかの感情はありませんでした。

毎日自殺願望があり、自己嫌悪の日々。
生きていることがとてもつらく、苦しかった。

  • パニックを起こして奇声を上げて暴れる
  • 意味もないのに涙が止まらない
  • 未来に希望なんてない

絶望しかなかったのを覚えいます。

あきらかに異常な私の行動に、子どもは怯え夫は茫然とするばかりでした。
そんなとき、夫のおばさんが心療内科を受診することを勧めてくれました。

病院での診察の結果、私はうつ病と診断されました。
入院を勧められましたが、子どもがいるので自宅療養をすることに。

ここから、私とうつ病との戦いが始まりました。

異変を感じたらすぐに病院へ

今回は、私の実体験を書いてみました。

今でも、思い出すのが怖くなるときがあります。
でも、あの苦しい時期を超えたから今の私がいます。

  • 階段から落ちた時に病院に行っていたら…
  • 体調が悪くなった時に病院に行っていたら…

後悔はたくさんあります。

少しでも体に異変を感じたら、病院に行くようにしましょう。
悪化させてからでは、取り返しのつかないことになるかもしれませんよ。

うつ病との戦いは、また次の機会に書いてみようと思います。
今も戦っているうつ病。

いつか共存できるように、うまく付き合っていけたら…と思います。

今回も読んでいただき、ありがとうございました♪

↓よかったらポチっとしていってくださいね(*^^*)

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村